So-net無料ブログ作成

天皇賞・春、ほんとに3強!? 今年も荒れる!? [競馬]

tennousho.jpg

きょう5月4日、京都競馬場で春の天皇賞(芝・3200m)が開催されます。
トップホースたちが顔を揃え、今年も見応えがありそう。

今回、注目されているのは「3強」といわれている馬たち。

まず、筆頭はキズナ。
去年の日本ダービーを勝って、凱旋門賞の前哨戦・ニエル賞で海外重賞制覇。
本番の凱旋門賞も4着と好走しました。
そのあと有馬記念に出る予定だったけど、疲れちゃったので少し休憩。
半年ぶりに産経大阪杯に出てきて、どうなのさ!? という周囲の不安をよそに、
最後方からビューンと追い込んで圧巻の勝利。
やっぱ、強いっすねと誰もが納得しました。
3200mは走ったことないけど、
問題ないと競馬評論家のおじさんたちが言ってます。名手・武豊騎手だしね。
1番人気で、たぶん倍率1.5倍くらいまで上がるんじゃないかな。

2番人気は、ゴールドシップ。
去年の天皇賞(春)では、単勝1.3倍という圧倒的1番人気だったのに、
いつもの走りができずに5着。そのあとの京都大賞典でも1番人気でやっぱり5着。
ジャパンカップなんか、2番人気で15着のダメダメぶり。
なんだよーと、僕もお小遣いが減りましたが、
有馬記念では3着、3月の阪神大賞典で圧勝しました。
“本気だしたら強いぞ”というのは、誰もが認めるところ。本気だしてほしいよね。
今回鞍上を務めるのは、ウイリアムズ騎手。実力あるし、ハズせないかも。

あと、3強の一角は、ウインバリアシオン。
競走馬にとって「不治の病」といわれる
屈腱炎(くっけんえん)を克服したがんばり屋さん。
去年の秋に復帰して、金鯱賞3位→有馬記念2位→日経賞1位と、
ひとつずつ順位を上げていくというニクい演出(!?)。
その調子を維持していれば、強いよね。
ただ、岩田康誠騎手が騎乗停止なので、
シュタルケ騎手に乗り替わってどうかなって感じでしょーか。

たしかに、この「3強」がまともに走ったら絶対強いと思うんだけど、
競馬に絶対はないのと、春の天皇賞って、いつも荒れるんだよね。

2013年は、ゴールドシップが着外だったせいで、三連単11万馬券だし、
2012年なんか14番人気のビートブラックが大逃げしちゃって、
三連単145万馬券の大荒れ。その前もアレアレのレースがほとんど。

大好きな言葉が『一攫千金』の僕としては、大荒れ大歓迎で当然穴狙い。

3強による1・2・3着ということはないと思うので、
サトノノブレス、ホッコーブレーヴ、ラストインパクト、
ヒットザターゲットあたりをからめて、一攫千金を狙っちゃいます。

はたして、結果は…!?

nice!(117)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 117

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました