So-net無料ブログ作成

掃除機コード、黄色い印「もうすぐ終わり」は勘違い!? [うんちく]

掃除機コード.jpg

「へぇ~、そうだったんだぁ」と「へぇへぇボタン」を押したくなったのが(←古すぎ)、
掃除機のコードに付いてる黄色と赤の印のこと。
最近テレビで紹介されてから、ネットのニュースなどでも盛り上がってるので
知ってる人も多いと思うけど。


スポンサーリンク





黄色い印は「もうすぐ終わり」ではない!?

掃除機本体に収納されているコードをズンズン引っ張り出して
最後に近づくと黄色い印が出てくるよね。
この黄色い印は「もうこれ以上引っ張っちゃイヤよん」だと思ってたわけで。
ずーっと、ずーっと、子どものころからそう思ってたんだけど、実は間違いみたい。

「使用する際は、黄色い印まで引っ張り出した状態で使ってください」なんだって。
「へぇへぇ」でしょ(←しつこい!?)。

黄色は信号と同じで「気を付けましょう」ってふつう思うのにね。

で、最後まで引っ張ると出てくる赤い印は
「限界なので、これ以上引っ張っちゃダメよん」です。これは思ってたとおり。


JISのルールで決められている印

この黄色と赤の印は、JIS(日本工業規格)で決められてるんだって。
さらに、黄色と赤の印の間隔は、80cmがお約束。

コード巻き取り式の場合、ここまでだよって赤い印を付けるのはわかる。
でも、黄色い印を付ける理由は、JISのルールには書いてなくて、
とにかく付けなさいってことらしい。


メーカーの回答は!?

三菱電機のサイトには
「コードは、黄色い印まで出しましょう」
「赤い印は、それ以上引き延ばしたら断線などの故障の原因になります」。

じゃあ、なんで引っ張り出して使うかというと、
三菱電機は「コード収納部分の近くにあるモーターの発熱により、
コードに負担がかからないようにするため」だそうです。

パナソニックの回答は
「モーターの発熱というより、コードを短く出した状態で掃除をはじめて、
徐々に遠くまで掃除しようとするとコードが引っ張られて断線するおそれがあるため」。

ダイソンの取説には
「使用時は、電源コードを黄色い線まで十分に引き出してご使用ください。
また、赤い線以上に無理に、急激に引き出さないでください。断線の原因となります」と、
パナソニックと同じことが書いてあります。

また、東芝の取説には
「電源コードの損傷を防ぐために、掃除するときには電源コードを十分に引き出す。
ただし黄色いマークより長く引き出すと断線の原因になります」という注意書きに加えて、
「電源コードは黄色マーク以上に引き出さない」と書いてあります。

これは「ここまで引き出して使ってね」と
「もうすぐコードが引き出せなくなるよ」の両方の意味が込められてるそう。


メーカーによって、モーターの発熱や引っ張られることによる断線だったりするけど、
いずれにしても黄色い印まで引き出して使うのは正解のようです。


スポンサーリンク



nice!(162)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 162

コメント 5

DANKAI_Gen

おいらもそうですが、大半の人は家電品の取説は読まない。
ということで知りませんでした。
いろいろ知らないことありますね。
by DANKAI_Gen (2015-09-09 10:50) 

ひろし

勉強になりました(^^)
いつもテキトーに出しただけで使ってました。

by ひろし (2015-09-09 20:27) 

Dragon

初めて知りました。
勉強になりました。
by Dragon (2015-09-10 08:02) 

ぽちの輔

そういうマークだったんですね^^;
by ぽちの輔 (2015-09-10 08:19) 

kawasemi

了解です。
by kawasemi (2015-09-10 10:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。