So-net無料ブログ作成

『酉の市』とは!? 2015年は11月29日(日)が三の酉! [うんちく]

酉の市.jpg

三連休もたちまち終わっちゃって、師走までカウントダウンなんだけど、
その前に今年は三の酉まであるから
11月29日(日)の『酉の市』に行ってみようかなと思うわけで。


スポンサーリンク





『酉の市』って、なんじゃらほい!?

『酉の市』は、11月の酉の日に行われる、商売繁盛を願うお祭りのこと。

「酉の日」っていうのは、毎日を十二支に当てはめて
たとえば、きょうは子(ね)の日、あしたは丑(うし)の日、あさっては寅(とら)の日…
という暦があるのね。

十二支だから12日ごとにめぐってきて、
それぞれの干支が月に最低2回、月の最初のほうからはじまる干支は3回になるじゃん。
それで今年の11月は5日が酉の日なので、5日が一の酉、17日が二の酉、
29日が三の酉になるわけよ。

もともとは関東地方にある鷲(おおとり)神社、酉の寺、大鳥神社など、
鷲や鳥にちなんだ寺社の行事だったけど、いまは大阪とか名古屋とか
関東地方以外でも開催されてます。

「関東三大酉の市」といわれているのが、
浅草・鷲神社、新宿・花園神社、府中・大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)。

酉の祭(とりのまち)、大酉祭(おおとりまつり)、お酉様(おとりさま)とも言うよ。

昔、新宿の花園神社へ行ったことあるけど、めちゃめちゃ混んでてビックリ〜。
三の酉の11月29日は日曜だし、行く人は覚悟して行こーね。


なんで熊手を売ってるの?

エグスプロージョンの「本能寺の変」みたいに“諸説あり”なんだけど、
酉の市ってさ、農民たちの収穫祭が起源だといわれるてるのね。
つまり、日本版ハロウィン!?

でね、今年もたくさん収穫させてくれて神様ありがとう!
来年もよろしくおねがいします! と寺社に鶏を奉納したらしいっす。

それで農民の人たちがたくさん集まるお祭りだから、
農具や落ち葉を掃除する熊手を売るお店がたくさん並んだわけ。

その当時、たぶん平賀源内みたいなコピーライター的な人がいたんだろうね。
「かき込む」熊手で「福をかき込む」「金をかき込む」→「熊手は縁起物」に。

それがどんどんエスカレートして、大判小判や宝船、大黒様がいたり、
どうやって運ぶんだろうと思うくらいデカいのもあったりするわけよ。

年々大きい熊手に買い替えるらしいけど、僕はビギナーだし
手の平サイズのを買ってこようかな。←僕ったらスケール小さすぎ(笑)!?


スポンサーリンク



nice!(163)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 163

コメント 2

あとりえSAKANA

むかしむかし「ぽっかぽか」という
昼ドラにハマってまして。
そこに酉の市で熊手を買って、3本締め(?)
かなんかをしてもらうというシーンがあり
一度行ってみたいと思ってから早20年以上…。
by あとりえSAKANA (2015-11-25 08:57) 

風来鶏

熊手と財布は似ていますね(^_^)v
高い財布を持てば、それに見合うだけのお金が入ってくるそうですので、熊手も高くて大きい方が、沢山福を書き込めるのではないかなぁ(^^;;
by 風来鶏 (2015-11-25 17:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。