So-net無料ブログ作成
検索選択

武豊騎手の大記録達成と福永騎手3冠獲得 [競馬]

take.jpg

2013年の競馬界を僕なりに振り返ると、
武豊騎手の復活と福永祐一騎手の活躍が印象的です。

まずは、天才・武騎手の復活。

1月にJRA初の通算3,500勝を達成し、2月の京都記念をトーセンラーで勝って
デビューしてからの連続重賞勝利を27年に更新しました。
通算3,500勝というのも気の遠くなるような数字ですけど、
毎年かならず重賞レースで1つ以上勝っているのもスゴいことです。

さらに、ダービーではキズナで歴代最多の5勝目を飾りました。

ダービーで勝ったときの「僕は帰ってきました!」のコメントには
感動させられちゃいましたよ。

武騎手は落馬するなど、ここ数年はダメダメでした。

岩田康誠騎手や戸崎圭太騎手など地方競馬出身騎手の台頭や、
福永祐一騎手や浜中俊騎手ら後輩ジョッキーの躍進もあり、
そろそろ限界かともささやかれていました。

ところが、11月のマイルCSをふたたびトーセンラーで優勝し、
地方、海外を含むG1レース100勝(うちJRA68勝)の金字塔を打ち立てました。

さらに、毎年12月に行われる朝日杯FSを勝てば、
22競争あるJRAの平地G1をすべて制覇したことになります。

これらの記録を次々と樹立していく
武騎手以上の騎手はしばらく現れることはないでしょう。

「今年は再スタートのつもりで仕事に取り組んできた。
来年も今年以上に自分を高めたい」と言っているので、
2014年もユタカ・イヤーになるかもしれません。

もう1人、今年がんばったのが福永祐一騎手。

元フジテレビアナウンサーの松尾翠さんと結婚もしたし、
リーディングジョッキーになりました。

ちなみに、福永騎手と武騎手は実家が隣同士なのだそうです。

今年のリーディングジョッキー争いは、100勝以上が7人というかつてない激戦。
福永騎手が131勝を挙げて、見事ゲットです。
勝利数ランキングは、下記。
 1位:福永祐一 131勝
 2位:川田将雅 120勝
 3位:浜中俊  119勝
 4位:内田博幸 114勝
 5位:戸崎圭太 113勝

リーディングジョッキーに加え、賞金部門でもトップ、
さらにMVJ(Most Valuable Jockey)にも選ばれ、3冠を獲得しました。

賞金をガッポリたくさん稼いだので、
来年の春には赤ちゃんが産まれますが、生活は安泰ですね。

また、MVJというのは2013年に新設された賞で、
JRAと地方・海外の指定レースを合わせた成績を「勝利度数」「勝率」
「獲得賞金」「年間騎乗回数」の項目で順位付けし、
その総合得点で競うというものです。

武騎手と福永騎手には、来年もぜひがんばっていただきたく。
僕もこの2人を中心に馬券を買って応援します。

fukunaga.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

武豊、ラブイズブーシェで有馬記念参戦 [競馬]

凱旋門賞から帰国後の体調がよくないということで、
ダービー馬キズナは有馬記念を回避。
そうすると、キズナに騎乗していた武豊騎手は有馬記念に出ないの!?
と思っていたら、ラブイズブーシェで参戦することになりました。

ラブイズブーシェの馬主は、風水師として知られるDr.コパこと小林祥晃さん。

福永祐一騎手と元フジテレビアナウンサー松尾翠さんの挙式・披露宴が
12月9日に京都で行われたのですが、そこで武豊騎手に直接交渉したそうです。

ラブイズブーシェは、前走の福島記念で3着に入った4歳牡馬。

今年になってからだんだん強くなってきていますが、
強い馬ばかりが集まるオールスター的G1の有馬記念はどうでしょ。
競馬ファンからは、実力的にキツいのでは…という声が多いですね。
でも、競馬は何があるかわからないし、天才ジョッキー・武豊鞍上ですから、
3着くらいに入っちゃったりして。

ちなみに、ラブイズブーシェの「ブーシェ」って、どーゆう意味かと思ったら、
JRAへの届け出のスペルは「Boo Shet」で辞書になく、
おそらく「くだらない」「つまらない」というような意味の
英語のスラング「bullshit」ではないかと言われています。
そうすると「愛なんてくだらない」という感じかな。
この馬名のニュアンスがレース結果につながる暗示みたいなものだったら面白いかも。

有馬記念の話に戻ると、1番人気はラストランのオルフェーヴルでしょうね。
凱旋門賞でかなり離されちゃったけど、2着はやっぱりスゴいと思うし、
凱旋門賞のあとは有馬記念に照準を合わせて調整しているので、
有終の美を飾れるかどうかですね。

2番人気は、ゴールドシップかな。
ここんとこダメダメなレースが続いたけど、中山コースは得意だし、
去年のあの走りが復活してくれればV2達成も充分あり得るでしょう。

あとは、トーセンジョーダン、エイシンフラッシュあたりが人気を集めそうですね。

今年もどんなドラマが生まれるか、そして僕は当たるか(!?)楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬